ヤミ金に関わる事や借金、お金に関するトラブルなどをピックアップしています

ヤミ金との和解をする上で重要な事とは

緊急に現金が必要になったとき、他に調達の手段がないときには、ヤミ金を利用してしまうことが考えられます。ヤミ金のような金融業者では、借り入れの際の審査などについては、一般的な金融業者よりも簡便であることが多いですが、法外な利子率を設定されるなど、借りる側に特別な不利益が生じることが少なくありません。

もっとも、このような法外な契約事項に関しては、法的な拘束力があるものではありません。それでも、契約自体は自由に行えるのが原則ですので、すすんでこのような契約事項に従うことが禁止されるわけではありません。これを、ヤミ金業者の側から見ると、このような契約がある限りでは、その実行のための取立てについても、ある程度は認められます。

そこで、このような取立て行為をとめるには、法的な対処、具体的には、和解が有効な手段となります。実際に借り入れを行った以上、法律の範囲内で、返済する義務が生じるのは当然です。その上で、利子率などを法の範囲におさめる話し合いが和解です。

和解の内容についても、基本的には自由に設定できるので、ヤミ金業者と交渉する上では、法令の規定以上に、借りた側の不利にならないように注意することが重要です。


知っておきたい!ヤミ金の定義と意味とは

ヤミ金というのはほとんどの場合貸金業登録をしていない違法業者を指しており、本来であれば融資をしてはならない業者であることを意味しています。

借り入れをする人にとって、相手が正規の業者か闇金かということは判断しづらいですが、法律上の利息の上限である年20%を超える金額を請求するようなところはヤミ金と判断して間違いないでしょう。ヤミ金は基本的に違法行為を行う業者という意味で、場合によっては貸金業登録をして信頼を得ようとしているところもあります。

この場合、( )で囲まれた数字が少なければ登録して間がない業者であるということがわかりますので、利用するときには注意しましょう。また、近年ではネットによる情報の流通が活発になっていることから、聞きなれない業者名は調べてみることをお勧めします。

ヤミ金として認知されている業者名をリストアップしているようなところもありますので、借り入れをする前に回避できます。もしこういった業者から借り入れをしてしまった場合には、できるだけ速やかに弁護士や司法書士のところに相談に行き、警察にも話をしておきましょう。

脅しに屈して支払いをしても、際限なく請求されますので早い段階での対応がベストです。